広島の交通事故専門弁護士なら解決してくれる

自分や家族が交通事故にあってしまうと心身ともに大きな負担がかり、日常生活に大きな影響を及ぼします。

例えば、被害による治療では入院することも珍しくないですし、加害者側の保険担当者が訪れて解決を急かす場合もあるため、不信感を持ってしまうかもしれません。そんなときに力になるのが、広島の交通事故専門弁護士です。専門弁護士は、広島県内だけでなく全国各地の事例や判例や手続きに精通しており、トラブル解決を力強くサポートしてくれます。特に交通事故の場合は、広島の弁護士に相談したほうが良いでしょう。

なぜかというと自賠責基準と裁判基準による慰謝料額が、大きく違っているからです。なんと裁判所基準の慰謝料は、自賠責基準の2倍以上になることも珍しくありません。また入院や治療後でも症状が固定する後遺障害の場合では3倍に達することもあります。つまり保険会社の自賠責基準は被害額を抑える傾向が強く、裁判基準は被害に見合った慰謝料を認めることが多くなっているのです。

営利企業の保険会社と裁判所の姿勢の違いが、慰謝料金額の違いという形ではっきりとあらわれていますが、被害者によっては、あるべき慰謝料を得ていない可能性もあるのです。もし交通事故トラブルに巻き込まれたり、悩んでいるのであれば広島の弁護士に相談しましょう。治療後も症状が治らない後遺障害や交通事故により生活が代わり収入が減った、保険会社の担当者の話に納得できない、などの場合にサポートしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *